ユーザ用ツール

サイト用ツール


沖縄県与那国島の海底遺跡

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

沖縄県与那国島の海底遺跡 [2020/05/12 16:34] (現在)
行 1: 行 1:
 +====== 沖縄県与那国島の海底遺跡 ======
 +{{:220px-turtleyonaguni.jpg?nolink&400|}}
  
 +与那国島海底地形(よなぐにじまかいていちけい)は、八重山諸島の与那国島(沖縄県八重山郡与那国町)南部の新川鼻沖の海底で発見された海底地形である。
 +人為的に加工された海底遺跡と考える説もあり、この立場からは与那国海底遺跡、与那国島海底遺跡とも呼ばれる。
 +自然地形か、人工的な遺跡かについては論争があるが、地質学者および水中考古学者の間では自然の造形との見解が圧倒的である。
 +
 +1986年に、地元のダイバーによって島の南側海底に巨大な階段構造が発見され、「遺跡ポイント」と名づけられた。その後も、発見したダイバーによる調査が続けられ、1995年1月1日に琉球新報をはじめとする地元紙に大きく取り上げられて広く注目を集めるようになった。
 +
 +一方、1992年以来、琉球大学理学部教授であった(現在は同大学名誉教授)木村政昭を中心として調査が行われ、1998年には沖縄県文化局に「遺跡発見届け」が提出されているが、沖縄県では、人が関与した痕跡があると判断できないとの理由で、遺跡として認定していない。
 +
 +与那国町長は2016年3月に、学術的調査を行った上で、国の史跡、世界遺産、ジオパークへの登録への取り組みを検討することを表明しており、同年10月から調査が実施されている。
 +
 +観光的には、「遺跡ポイント」と呼ばれ人気のあるダイビング・スポットであり、自然地形であるか遺跡であるかはさておき、与那国島の貴重な観光資源となっている。
 +
 +この地形の成因については、自然地形であるとする立場と、人工的な構造物であるとする立場からのいくつかの説がある。しかし、そもそも遺跡説が考古学や地質学関連の学会で提示されていないこともあって、両者の立場からの議論は沖縄県内の学者によるものにとどまっており、関連学会においては学術的検討の俎上にも載せられていない状況である。
 +
 +<html>
 +<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/mdjr-sWdxM8" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>
 +</html>
沖縄県与那国島の海底遺跡.txt · 最終更新: 2020/05/12 16:34 (外部編集)